【スマートウォッチ】『Fitbit Charge4』のスペックやレビューをご紹介!

『Fitbit Charge4』の画像 GADGET

スマートウォッチといえば、アップルウォッチがいいと思われがちですが、あくまでもiPhoneを使用している方にとっては非常に使い勝手がいい。

androidユーザーやアップルウォッチは高くて手が出せない・・・

でも、スマートウォッチがある生活にあこがれているという方に向けて今回は、スマートウォッチとしても、運動する習慣を身に着けることができる健康アイテムとしても使うことのできる

FitbitのFitbit Charge4について紹介します。

Fitbitとは?どんなメーカー?

Fitbitは、アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ に本社を置くアメリカの家電およびフィットネス企業です。

Fitbit公式ホームページ

「生活を変えていくためのサポート役として、健康づくりとフィットネス関連商品の開発に情熱を注いでいく」

ということ念頭に置いている企業で、今回ご紹介するスマートウォッチのほかにも、スマートフォンと連携することのできる体重計

「Fitbit aria2」といった健康や、フィットネスに関係する製品を製造、販売をしています。

非常に優れた製品なので、興味がある方はぜひ、こちらのFitbit aria2に関しても調べてみてください。

Fitbit Charge4製品仕様と特徴

【スマートウォッチ】『Fitbit Charge4』の画像

Fitbit Charge4の製品仕様と特徴は以下の通りです。

■ 製品スペック
電池  リチウムポリマー
防水・防塵性能 水深50mまでの耐水仕様
時間表示 対応
Bluetooth 対応
Bluetooth規格 4
搭載センサー 加速度センサー
GPS
高度計
着信通知機能 対応
用途 ランニング
サイクリング
水泳
クロストレーナー
活動量計機能 心拍センサー
消費カロリー
睡眠
移動距離
歩数計機能
サイズ 心拍センサー
縦35.8mmx横22.7mmx奥行き12.5mm

Fitbit Charge4の製品仕様と特徴は以下の通りです。

  1. 最大連続使用可能時間は7日間
  2. GPS 搭載

  3. Fitbit Payでお買いもの可能
  4. Spotifyと接続可能

特徴1:最大連続使用可能時間は7日間

『Fitbit Charge4』の画像

  • 毎日アクティヴィティを2つほどトラッキング
  • 通知をオン
  • 画面を通常の明るさ

といった普段使いで問題ない程度の使用法方であれば、最大7日間も連続で使用することが可能です。

比べて「Apple Watch」は毎晩充電を要しますが、その煩わしさがないというのが、Fitbit Charge4の強みです。

また、毎晩充電をしなくていいということなので、睡眠中にも装着可能です。

Fitbitのアプリに睡眠分析機能があり、睡眠中の心拍数分析など、睡眠に関するデータを分析してくれます。

より高精度な睡眠分析機能を利用したい!という方は、Fitbit Premiumというサブスクリプションに加入しないといけない

というのが難点ですが、月額10ドル(約1,070円)または年額80ドル(約8,590円)で利用できます。

90日間無料トライアルもあるので、お試しに一度契約し、必要なければ即解約といった選択をするのがよいと思います。

特徴2:GPS 搭載

『Fitbit Charge4』の画像

上記でほんの少し少し触れていますが、屋外でのランニングやサイクリング、ハイキングなどの際に、本体に搭載されているGPSを使用することで、移動ペースと距離の表示。

Fitbitアプリでワークアウトのマップを確認することができます。

本体にGPSを搭載しているため、移動距離の確認などは、スマートフォンなしで行うことができます。

スマートフォンを持ち歩かず、手ぶらで運動だけに集中できるため、フィットネス目的でウォーキングやランニングをしている方にとっては非常に嬉しい機能となっています。

搭載されたGPSを使用して Fitbit Charge4 を使用した際の最大連続使用可能時間が約5時間と極端に短くなってしまいますので、十分注意してください。

特徴3:Fitbit Payでお買いもの可能

Fitbit Payは、対応するFitbitのスマートウォッチで決済が可能なサービスです。

しかし、この機能を使用するためにはFitbit Payに対応している銀行口座のキャッシュカードを保有していなければなりません。

2020年12月現在で対応しているのは、残念ながら

ソニー銀行Visaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」のみです。

今現在は対応しているのがソニー銀行のみですが、今後、交通系ICカードや、みずほ銀行、三井住友銀行といった大手銀行にも対応してくのではないでしょうか?

現在はあまり使用する機会がないかもしれませんが、期待を込めてという意味を込めて、紹介しました

特徴4:Spotifyと接続可能

『Fitbit Charge4』の画像

Spotifyユーザーであれば、Fitbit Charge4 を Spotifyに接続することで、音楽の再生をコントロールしたり、曲に「いいね」を付けたり、プレイリストやポッドキャストを表示したりすることができます。

注意点としては、Spotifyと接続する際は「スマートフォンを持っていないといけない」といった点です。

外部の音楽サービスに接続することがそもそも便利な機能です。

ほかのスマートウォッチでも外部の音楽サービスに接続する際は、スマートフォンが必要というのはよくある話ですので、あまりマイナス評価を持たなくてもいいのかなと思います

曲選択の度にポケットからスマホを取り出して、選択して…といった煩わしさがなくなるだけでも、スマートフォンの操作時間が短くなり、非常に便利な機能ですよ

Fitbit Charge4 レビューまとめ

『Fitbit Charge4』の画像

Fitbit Charge4の特徴について詳しく解説しましたが、

Fitbit Charge4のレビューってどうなの?」とレビューを見て購入を決めるという方もいるのではないでしょうか?

レビューは購入者からの「生の声」が聞けるので、とても参考になります。

Amazonレビューご紹介

心拍数の確認をしながらワークアウトができるので助かります。
また、有酸素運動などのゾーンに入ると振動で教えてくれるのも助かります。
GPSはそこまでの精度を求めていませんでしたが、別に突拍子もないところを差すこともないので満足です

ワークアウトをする上では非常に役に立つ。といったレビューです。

実際使用してみると、画面も非常に見やすいので、運動するときのマストアイテムになると思います。

 

妻へプレゼントしました。聞いた感想だと睡眠測定、心拍、GPSのどれも普段使いで満足のレベルみたいです。安眠のやくにたっているかは不明なので、そこだけ3にしておきました。

健康に気を使っている方だと心拍数や、睡眠の測定はとても気になるので、

それを一目で確認できるのは非常に便利な機能です。

レビュー通り安眠の役に立つかは、

機能の使いこなしによるかもしれません…。

浅い睡眠と深い睡眠の時間帯もデータ化してくれて、質の良い睡眠をしようと注意ができます。時間を確認したいときに勝手に画面がパッと表示されるのも感動。それと通知もスマホの通知と同じタイミングですぐに受け取れる。通知はSNSだけではなく、出会い系アプリの通知とかドコモのメールとか、スマホに届く通知は基本全部拾ってくれるし受け取りの選択もできます。

これは私自身初めて知ったのですが、LINE以外のチャットアプリ、

ましてや出会い系のチャットまで通知を受け取ることができるんですね…。

日中、スマートフォンを見る時間がない方にとっては、非常に便利な機能です。

試しに出会い系アプリを入れて試してみようかな

睡眠の質、心拍数、歩数、防水とどれをとっても良いのですが
気になったのが本体とベルトの隙間。
パックリ空いてるのが気に入りません

デザインは人それぞれ好みがあるので、何とも言えませんが、私自身気になったことはありません。

最後に

FitbitFitbit Charge4という商品について紹介しました。

一度充電してしまえば、普段使いで7日間も使用することが可能というのが、非常に魅力手な商品ではないでしょうか?

また、フィットネスに関するワークアウト機能が豊富なため、自然と運動する習慣が身につくかと思います。

価格も2万円を切るため、コスパもよく非常に良いスマートウォッチとなっているのでスマートウォッチ初心者や、スマートウォッチの買い替えを悩んでいる方にとってはとってもおすすめです。

ぜひ、スマートウォッチを手にして便利な生活、また運動が捗る生活をお楽しみください。

御精読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました