• ホーム
  • 成功例も多数・脂肪細胞と食生活と肥満治療薬の活用法

成功例も多数・脂肪細胞と食生活と肥満治療薬の活用法

2019年09月21日

肥満の原因は、脂肪細胞に貯蔵されたブドウ糖が原因です。

ご飯などのでんぷん類を摂取すると、腸内でマルターゼ酵素が働いてブドウ糖に変換されます。
ブドウ糖が血管内にいるままだと、血管壁を傷つけてしまう原因になるので、インスリンがこれを回収し始めます。
インスリンは血液中のブドウ糖の量が少ない時には放出されませんが、食後に血糖値が上がると肝臓から放出されます。

インスリンは最初は筋肉のグリコーゲンにブドウ糖を貯蔵して、エネルギーの源にします。
しかし、それ以上に血管内にブドウ糖が増えすぎると、今度は脂肪細胞にブドウ糖を貯蔵し始めます。
すると脂肪細胞が大きくなります。
これが炭水化物の摂りすぎで太るまでのメカニズムです。

この太るメカニズムを考えて、多くのダイエット成功例を排出しているのが低糖質ダイエットです。
そもそも脂肪細胞を膨らませる原因となるブドウ糖をとらないという方法です。
インスリンの放出を抑えることで、ブドウ糖が脂肪細胞に貯蔵されなくなるので、今までたまっていたブドウ糖が糖新生という働きでエネルギーとして使われて痩せたという成功例もあります。

このほか、ダイエットの成功例では肥満治療薬を使った結果の報告もあります。
肥満治療薬は脂肪の吸収を抑えたり、糖質の吸収を抑えるダイエットサポート薬です。
BMIが35を超えるような超肥満の患者に対しても、肥満治療薬は有意な改善効果が得られたという報告もあります。

脂肪吸収阻害系の肥満治療薬は、最近ではネット通販で入手することも可能です。
すでにたくさんの日本人ユーザーがいて、お尻から出る油の様子に驚いている様子が報告されています。
目に見える形で効果が出るのが特徴です。

関連記事